ストレスと上手に付き合うには!?まずはストレスの原因を突き止めよう

雑念がストレスを生み出すことが多い

仕事をするときも遊ぶときも、私たちは常に何かを考えています。考えることは生きるうえで必須ですが、考えすぎると脳を疲れさせます。睡眠を取るとストレスが解消するのは、睡眠中に思考を停止できるからです。ただし睡眠中に夢をよく見るようだと、十分にストレスを解消できない可能性があります。怖い夢を見たあとは、どっと疲れるという人が多いでしょう。そこで睡眠以外のストレス解消法として瞑想を取り入れてみてください。頭のなかを空っぽにすることで雑念を取り除けば、次第に脳はリラックスしていきます。ヨガなどで呼吸を整える方法もおすすめで、身体の深部にあるストレスを追い出せます。雑念が原因でストレスを生んでいる場合は、雑念を取り払うことが先決です。

無意識のうちにストレスを生んでいることも

すぐにネガティブなことを考えてしまう人は要注意です。無意識のうちの習慣がストレスを招いているケースは多く、こうした習慣は自覚が難しいからこそ改善が容易ではありません。ほかにも日常的にテレビニュースや週刊誌、新聞を読むことでストレスを溜め込んでしまう人もいます。こうした情報媒体に共通するのは、ネガティブな発信が多いことです。テレビニュースを見ていると、大半はネガティブな内容だと気づくでしょう。ネガティブな情報は心にダメージを与えるため、取り込みすぎないように注意する必要があります。寝起きは悪くないのに、なぜか朝はストレスが溜まるという人は、ネガティブなニュースが原因になっている可能性があります。ストレスの発生源を知ることは最大のストレス予防となり、ストレス解消法と並行すればより高い実感を得られるでしょう。

心療内科を梅田で予約したいと思う場合、早めにしておかないと満席になってしまうので、できるだけ早く連絡する方が無難です。